医療行為が可能になる看護師

-

-

看護師と医師のお仕事内容には、明確な相違点が1つあります。

医療行為が可能か否かです。

現在の日本の状況では、看護師は医療行為を行う事は不可能です。

医療行為を行うのはあくまでも医師であり、看護師ではありません。

ただ急いでいる場合には、看護師が何らかの治療などを行う場合もあります。

しかしそれも医師の許可が必要になるのが現状です。

ところで最近、その医療行為に関する変更点が発生したそうです。

看護師の方々も、今後は医療行為をする事ができるそうなのです。

つまり医師の許可を受けずとも、患者に対して医療を施す事が可能という訳です。

それは看護師にとっては、革命的だと思います。

今まで長らく医療行為が不可能だったからです。

もっとも実は、海外では看護師が医療行為を行うことは可能なのです。

日本がやや遅れていたのかもしれません。

いずれにせよ医療行為が可能になれば、今後は人々にとって看護師はますます重要な存在になると思います。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.rechtsberatungsgesetz.info All Rights Reserved.