払い続けるようにできるということなのです

-

-

民事再生という方法は住宅ローンを含めて複数ある債務に陥っている個人をターゲットとして住宅を維持しながら金銭管理において立ち直るために法的な機関による債務の整理の手順として平成12年11月にスタートした選択肢です。

民事再生には、破産手続きとは違い免責不許可となる要素がなく、散財などで借金をしたのであってもこの方法は可能ですし、破産申告が理由で業務禁止になる危険のある立場で給与を得ている人でも民事再生手続きは検討できます。

破産手続きの場合は住宅を手放さないことは不可能ですし、特定調停等では、借金した元金は戻していかなければなりませんので住宅のローンも払いながら支払うことは実際問題として難しくなるでしょう。

でも、民事再生という手続きを選択することができれば住宅ローン等のほかの借金については十分な場合において減額することができますのである程度余裕に住宅ローンなどを返しつつあとの債務を払い続けるようにできるということなのです。

ただし、民事再生という選択肢は任意整理による手続きまたは特定調停といった処理とは異なり一部分の債務だけを除き処理することは不可能ですし破産におけるように元金そのものが帳消しになるのでもありません。

それから、他の債務整理と比べて処理が手間もかかりますので住宅ローンを持っていて住宅を手放したくない状況等以外において、破産宣告等の他の方法がない際における最終的な手段と判断しておくのがいいでしょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.rechtsberatungsgesetz.info All Rights Reserved.