最終的に明確にされた事故の責任者が警察から明らかにされる事

-

-

自動車事故発生した場合、あなたが車の事故の被害者であるにもかかわらず事故を起こした人が間違いを少しも受容しないという事例は数多くみられます。

仮定として、意識的に起こしてしまったのと違い注意散漫で追突した時などに、こういう口論に結果なってしまう危険性があります。

かといってその場所で車だけの物損対応されて、後で自覚症状が現れた際に診断書を出すのでは後手後手に回るのは仕方がなくなってしまいます。

そうであるならば車での事故の過失割合の取り決めにはどういう風な物差しが決まっているのでしょうか?きちんと言えば、警察署が結論付けるのは主に自動車の事故の大きな過失があったのはどちらかという事でありどちらに何割過失があるのかということではないのです。

その上、最終的に明確にされた事故の責任者が警察から明らかにされる事は事態は考えられません。

そんな訳で、過失割合は事故に関わった人たちの相談によって決められた、それが損害賠償額のベースと判断されます。

両者共に車の任意保険に未加入の時には本人同士がじかに協議しなければなりません。

しかしながら、この交渉では、非論理的な応報になる可能性が高いです。

互いの主張に隔たりがあれば悪くすると、裁判にまでもつれ込みますが、貴重な時間と裁判費用かなり大きな無駄は避ける事が出来ません。

このため一般的には事故に関わってしまったそれぞれのドライバーについている自動車の保険屋さん、そのようにそれぞれの自動車の保険の会社に任せる措置を使って、適当な「過失割合」を慎重に確定させるのです。

そういった際、保険会社は以前の車での事故の裁判が行われ、出た判決から計算した判断基準、判断例などを基に、推測とやり取りによってどちらに何割過失があるのかを決定します。

そうは言っても交通事故の際には巻き込まれてしまったのか起こしてしまったのかの如何を問わず最初に110番するのが絶対です。

その後で保険屋さんに電話をして、その後の調整を任せるのが順番となります。

やり方さえ理解していればお互いの堂々めぐりの水掛け論となる状況を回避できるに違いありません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.rechtsberatungsgesetz.info All Rights Reserved.