していなかった時には当事者同士が直接交渉します

-

-

自動車での事故が起きた場合自分自身が交通事故の被害者だとしても、向こう側が非をこれっぽちも受け入れないという事は多数あります。湯上りカラダ美人

意図的に起したのではなく不注意で相手の車を激突された場面などにそういう言い争いになってしまうケースがあるのです。カルド 下北沢

とは言って、事故現場で自動車だけの交通事故片付けられて、後で症状が出てから、病院の証拠書類を出すというのは対処が遅れるというのはしょうがなくなってしまいます。くま 解消法

それでは、自動車の事故の過失割合の取り決めにはどういう風な目安が設けられているのでしょうか。コンブチャクレンズ 使い方

正確に言いますと、警察署が確定するのは主に自動車の事故の大きな過失が認識されるのはAかBかという責任の有無であって「過失割合」というわけではないのです。キレイモ宇都宮東武駅前店

最終的に明確にされた事故の責任者が知らされる場面はありません。

ですので、過失の割合は両者のやり取りの結果により明確にされ、その結果が自動車事故の賠償の算定のベースになる訳です。

この場合、両者共に任意に加入する自動車保険に加入をしていなかった時には当事者同士が直接交渉します。

されど、当然の事ですがこういった方法では、感情的な押し問答になる場面が多いです。

それに加えて、主張に差があればまかり間違うと、裁判沙汰にはまり込む、これでは大切な時間と訴訟費用かなりの損害です。

そこで多くの状況で、事故に関わってしまったそれぞれの事故当事者に付く自動車保険会社、そのお互いの自動車の保険会社に調整を一任するやり方を活用して、ちょうどよい過失の割合がどうなのかを決めさせます。

そういった際自動車保険の会社は、前の自動車での事故の訴訟の判定から算出した判断基準、判断例等を元に推計と話し合いを交えてどちらに何割過失があるのかを算定します。

と言いつつも、自動車での事故においては、巻き込まれたのか巻き込んでしまったのかの如何を問わず、第1に警察を呼ぶのが原則です。

その上で、保険の会社にやり取りして、これから先の協議を委ねるのが順序となります。

正しい順番さえ把握していれば当事者同士の建設的でない話し合いとなる事を回避できるに違いありません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.rechtsberatungsgesetz.info All Rights Reserved.