ギャンブルなどはそのものは具体的な例のひとつで

-

-

免責不許可事由という意味は破産手続きが出された人を対象に、次のような件にあたるなら負債の免除を認可しないとするラインを挙げたものです。ニコノン

つまり、極言するとすれば完済が全く行き詰ったような状況でも、免責不許可事由に含まれている場合には借り入れの帳消しが却下されてしまう場合もあるということです。http://johnsoncityny.org

ですから破産を申し立て、債務の免責を取りたい人にとっては、最も大きな強敵がいまいった「免責不許可事由」なのです。ポリピュアEX

下記は主だった条件の概略です。

※浪費やギャンブルなどで極度に資本を減らしたり、過大な借り入れを行った場合。

※破産財団となる信託財産を隠したり、破棄したり、貸方に不利益を被るように手放したとき。

※破産財団の債務を偽って増やした場合。

※破産に対して責任を持つのにそうした債権を有する者に利得をもたらす意図で担保を提供したり弁済期前に債務を支払ったとき。

※もうすでに返済できない状態にもかかわらず現状を偽り貸し手を信用させて継続して借金を提供させたり、クレジット等を使って商品を購入した場合。

※虚偽の債権者の名簿を公的機関に提示したとき。

※返済の免責の申請の過去7年のあいだに免責を受けていたとき。

※破産法が指定する破産した者に義務付けられた内容に違反するとき。

これら8つの条件にあてはまらないことが免除の条件とも言えるものの、これだけで詳細なケースを想像するには特別な経験と知識がないとハードルが高いでしょう。

それに加え、厄介なのは浪費やギャンブル「など」と記載されているので分かるように、ギャンブルなどはそのものは具体的な例のひとつで、それ以外にも具体例として言及されていない条件がたくさんあるということです。

言及されていない場合はさまざまな事例を指定していくと細かくなってしまい挙げきれないような場合や過去に出されてきた実際の判決に基づく判断が含まれるため、各場合においてこの事由に当たるかは法律に詳しくないと簡単には見極めがつかないことがほとんどです。

いっぽう、自分がそれに該当しているなどと思いもよらなかったような場合でも免責不許可の旨の裁定が一回でも出されてしまえば、その決定が無効になることはなく借り入れが残ってしまうばかりか破産申告者であるゆえの不利益を7年にわたり受けることになってしまうのです。

免責不許可判定という悪夢を避けるために、破産を検討しているステップにおいて不明な点があれば、すぐに破産専門の弁護士に連絡を取ってみて欲しいのです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.rechtsberatungsgesetz.info All Rights Reserved.