カード上限額は低くしておくのも良い方法だと思います

-

-

クレカの限度額が自身が通常使用するよりゆるく決めいていると人は余裕があると勘違いしむやみにクレカを利用してしまったりする傾向があるようです。

こういったカードでの買い物のしすぎを抑制する意味でもクレカの最高額を前もって減らし気味にしておこうということが以下の文のメインとなります。

限度額の引き下げ方◇カードの月の限度額を減らすことは限度額を引き上げる手順といっしょでなんとも便利です。

カードのバックに記載されている番号に連絡して「月の利用限度額をセーブしたい」と希望を電話に出た人に対して依頼するだけです。

普通は今の月の限度額と比較して低いのであれば、手続きもなく容易に変更ができてしまいます。

カードの限度額を減らすのは自分を守ることにも繋がっている〇クレカの月の利用限度額の抑制は、自分をセーブできるという良いことだけではなく資産を守ることにもなります。

もしも、使っているクレカが盗まれて悪用されたような場合でも日頃からカードの利用限度額を低く設定していれば害を出来るだけ少なくすることもできるためです。

覚えておいてほしいのは、万が一カードが知らない間に使用されることになったような場合でもカード所有者に重大な過失がない限り盗難保険等で呼ばれる保険が契約者を支えてくれるし不安を感じることはないのですけれど、もしもの時のことを考え、カード上限額は低くしておくのも良い方法だと思います。

不必要な限度額はメリットのないことと言えます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.rechtsberatungsgesetz.info All Rights Reserved.