弱点はまず見当たらないです

-

-

キャッシングサービスなどをしますと月ごとに指定期日に銀行口座などから自動手続きにて引き落しがなされていくようになっています。

TVの告知でATMで時を構わず支払いというのができるというように言われてますが、それは毎月の支払いと別で引き落しする時のについて言及しています。

斯うしたものを前倒し支払というように言い残高総額に関してを支払支払を総額一括弁済一部分を返済するような事を一部分一括支払と言います。

これは、一時収入等で経済的に余祐というものが在るケースには現金自動支払機からや振込等により、一部金またはトータルについてを支払する事が可能なのです。

かつこういったこと以外に一括弁済にはメリットというものがいっぱいあって、弱点はまず見当たらないです。

これのプラスとは、別途でもって支払いすることで、元本総額についてを減ずるということができますので返済回数というのが少なくなるので利息についても減らすでき弁済総額そのものを低減可能で一挙両得な支払い手法となっているのです。

ただ留意したいのは、どんなタイミングで前倒し支払いするかです。

カード会社は支払い期日とは別に〆め日がというようなものが存在するのです。

たとえば15日が締めであったとして次月10日支払いとしますと15日以降については来月の金利といったものをひっくるめた弁済金額へと決定してしまうのです。

説明しますと、15日以降に早期支払したとしても翌月分の返済額というのは決まってますからそのスパンで繰上支払いした場合でも明くる月の支払金額へはこれっぽっちも反映がないのです。

ですから繰上弁済というものが即座に効力を表象するようにするには支払い期日の次の日から次の締め日の到来までのタイミングで前倒し弁済しておく必要があるのです。

だけれどそういう場合の利子の差というものは至ってわずかです。

それ位は気に掛けないといった場合には随時自由に前倒し返済するといいでしょう。

しかしわずかでも小さくしたいと思う方は支払い日時から〆め日までに繰り上げ支払することをお勧めします。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.rechtsberatungsgesetz.info All Rights Reserved.