重量税の残っている期間があるクルマ

-

-

自動車重量税、通称重量税は、国産メーカーの車とか外車等車の生産国やハッチバック、セダンという自動車の形状も全て同じで、例えば、GM、などでも負担義務を課せられているもののことをいいます。

新車登録をする際、あるいは車検の時に納付するものになります。

この税額は対象となる車のウエートで決められています。

「自動車重量税」と「自動車税」では別の概念ですので、基礎を理解して勘違いしないようにしてください。

「自動車重量税というものは自動車の車重により」「自動車税というものは総排気量毎に」金額が変わります。

また、買い取りする際の扱われ方違いますし注意しましょう。

自動車の買い取りの時には支払い済みの車の額がどれだけあってもその額が還付されるようなことはありません。

一方で、自動車税の場合は既に納めた税額を買取額に乗せてくれる場合がなくはないですが、重量税に関しては上乗せされるという事例はあまりないといえます。

重量税の場合は、すでに既に納めた額が残っているからと言って車の買い取り店側でそのことが配慮される場合はほとんどないものなのです。

ですので次回の支払い、つまり次の車検まで処分するのを少し保留し手放すという方法が一番良いと思います。

自動車の買い取りの際は戻ってこないのが重量税ですが特別なケースだと還付される可能性があります。

それは、車検が残っている愛車を廃車にする場合です。

要は、廃車申請をすると残っている車検期間に応じた金額が返金されます。

ですが、車の買取時はその中古車が廃車になるのとは異なり戻ってきません。

それから手放す車の名義を変更したケースや盗難にあったケースなども還付してもらうことは不可能です。

重量税の残っている期間があるクルマを手放すということは、車検が残っている車ということになります。

業者も計算に入れますから自動車重量税の期間が残っていれば、売却額があがるはずです。

当然査定額は業者により違ってきますが車検の効力がまだあるということを計算に入れてもらえば、売却する車の買取金額からみるとあまり割に合わないということもありません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.rechtsberatungsgesetz.info All Rights Reserved.